リッドキララ アイプチ

リッドキララはアイプチの代わりになる?

リッドキララ アイプチ

 

リッドキララは、まぶたのたるみや腫れぼったい目元にお悩みの方に支持されているアイテムです。

 

リッドキララを塗布した部分に人口皮膜を形成し、たるみをピンとあげ、クッキリとした二重を形成させることができます。
たるんだまぶたの方や、まぶたが下垂して目が小さく見えるお悩みの方に大人気!

 

美しいパッチリ二重を形成することが可能な美容液なんです!
この一時的に二重を作るという点では、アイプチやアイテープと似ていますよね。

 

リッドキララをアイプチアイテープのようなものだとイメージする方が多いようですが、これらとは少し違うんです。

リッドキララ アイプチ

 

                       リッドキララ アイプチ・アイテープ

二重にする方法

肌質から改善して持ち上げる 物理的に持ち上げる

痛み・違和感

全くなし 我慢が必要

速効性

ある程度アリ 速効性アリ

重たい一重から二重へ

長期的なケアで可能 一時的な二重作りのみ可能

肌荒れ

可能性が低い 可能性が高い

くぼみ

改善の可能性アリ 改善の可能性ナシ

 

リッドキララの特徴として、ある程度の速効性(一重・奥二重から二重へ)はありますが、1年後、3年後に本物の二重を手に入れることも期待できる商品であるということです。

 

リッドキララ アイプチ

アイプチやアイテープを使用し続けたとしても、まぶたにハリが戻って、ぱっちりとした自然な目元になるわけではありません。

 

アイプチやアイテープは、やり続けない限り、自前のぱっちり目元になることは半永久的にありません。

 

それを考えると、リッドキララは、自前のぱっちり目元を手に入れることが期待できるため、アイプチ以上の凄い商品!ということになりますね!

 

重たい一重の方で、一時的な二重をどうしても手に入れたいときは、アイプチの方が、威力があるといえます。

 

そのため、アイプチは、特別な日だけのケアにして使い分けるのも良いかもしれませんんね。

 

特別な日以外の毎日ケアでは、未来のことを考えてリッドキララでお手入れしたいですね!
リッドキララはアイプチ以上の代替え品とも言えますが、それぞれに、一長一短があることを覚えておきましょう!

 

でも、いつかアイプチいらずの、自然な本物の二重を手に入れることを目指してみるといいでしょう!

 

 

リッドキララとアイプチは併用できる?

 

リッドキララは、アイプチと違って、糊ではないので、引きつれを起こして、まぶたを不自然な状態にすることもなく、負担をかけることもありません。

 

また、肌あれの心配なく、まぶたのハリ感や潤いを感じることができるのが、リッドキララなんです!
でも、やっぱりアイプチの「重たい一重も二重にできる威力」や「速効力」も欲しいところですよね・・・。

リッドキララ アイプチ

リッドキララ アイプチところで、このリッドキララとアイプチは併用して使うことは出来るのでしょうか?

 

同時に塗って、両方の効果が得られたら嬉しいですよね。

 

気になったので、調べてみたところ…

 

リッドキララとアイプチを同時に使用しても、相乗効果は得られないということが解りました。

 

実際に私も、両方を同時に塗ってみましたが、相性が良いとはいえません。

 

リッドキララ アイプチ

 

アイプチは、上まぶたを内側に織り込んで二重の状態を作ります。

 

リッドキララは上まぶた全体を引き上げて、くっきりパッチリな二重を作る働きを持っているため、互いの作用は大きく違います。


 

一重の方の場合には、上まぶたを引き上げるより、織り込んで二重を作るアイプチの方が向いているかもしれませんが、リッドキララを同時に使用する意味がありません。

 

確かに、リッドキララで上まぶたのハリが良くなったり、皮膚の状態が良くなることは考えられます。

 

そのため、同時ではなく、使い分けて併用するのがオススメですよ。

 

特に、奥二重の場合は、二重の幅が広がり、リッドキララは、アイプチで作るより、自然にパッチリとした目元を作ることができます。

 

リッドキララはアイプチは同時使用ではなく、併用という形で上手く使い分けましょうね!

 

 

リッドキララでアイプチいらずの二重になれる?

 

リッドキララでアイプチの代用ができるかどうかという点については、重たい一重の場合は、リッドキララでは塗ってすぐに二重になることは難しいでしょう。

 

しかし、アイプチばかりに頼っていると、目の上のたるみは、アイプチで強引に引き下げられ、さらに垂れ下がってしまうことも考えられます。

 

40代、50代からは、まぶたの下垂は見た目の印象だけでなく、「眼瞼下垂」という病気として診断され、手術を必要とする状態になったりすることもあります。

 

その点を踏まえると、年齢サインが気になる年齢の方には、アイプチでその場限りの処置をするのは得策ではないといえるでしょう。

 

私の場合は、加齢によるまぶたのたるみで、もともと二重だったまぶたが一重になっていました。

 

リッドキララを3ヵ月塗り続けることで、アイプチが必要ないほどに、二重に幅ができ、ぱっちりとした目元を手に入れることができましたよ!

 

その際に口コミは、こちら(トップページ)をご覧ください!

 

>>リッドキララの私の口コミ・体験談

 

若い年齢の方には、アイプチ愛用者の方も多いと思いますが、将来のことを考えると、アイプチやアイテープを頻繁に使用するのは控えておいた方がいいかもしれません。

 

また、40代以降の方も、アイプチよりも、自然な形でケアしていきたいものです。
40代の美しさには、自然なメイクやお手入れがもっとも若見えする秘訣です!

 

いかにもアイプチを付けています!というメイクは、余計に年齢を感じさせるようになってしまいますよ!
毎日の積み重ねで、まぶたの手入れをして、美しい目元を目指しましょう!

 

 

リッドキララで重たい一重もパッチリ二重になる?

リッドキララ アイプチ

 

最近では、アイプチでも「夜用アイプチ」などの、出かける前だけでなく、自然な二重を目指すためのアイプチなども販売されています。

 

これは、寝ている間に二重にして、形を作ってクッキリさせるためのもの。

 

もともと、奥二重の方には、良いかもしれませんが、重たい一重の人にとっては、目をつぶって眠る前に塗るのは、少し厳しいものがあります。

 

一重の方は、お出かけ前に速効性を求めてアイプチを使用するのは良いですが、寝る前に使用して形を作るには、アイプチよりもリッドキララがオススメです。

 

重たいまぶたでもしっかりと引き上げる成分が入っているので、自然に二重を目指すことができます。

 

ずっと一重だったのに、急に二重になったら、笑われてしまったり、整形だと疑われたくない人にも、アイプチよりリッドキララの方が良いかもしれませんね!

 

リッドキララはアイプチみたいに、皮膚にシワ(ひだ)を作って、糊で貼り付けるものではありません。

 

リッドキララを使用すると、皮膜効果でストレッチされて皮膚が自然に引きあがるのが実感できますよ!

 

新感覚の美容ジェルで、本物の自然な二重、ぱっちり目元を手に入れてみませんか?