上まぶた たるみ 手術

上まぶたのたるみは手術でしか治らない?

 

こんな症状はありませんか?

 

  • 目の開きにくい
  • まぶたが重い
  • 目が小さくなった(細くなった)
  • 額のシワが深くなった
  • 目と眉の間が広くなった
  • 二重が三重・四重になった
  • 二重の線が薄くなった

 

このような症状があった場合、形成外科や美容皮膚科に行くと、「眼瞼下垂」と診断されます。

 

眼瞼下垂は単なる上まぶたたるみで、老け顔になるだけではありません。

 

上まぶたを上げにくくなることで、眉を持ち上げたり、あごを上げて見ようとする結果、肩や首に負担がかかり、肩こりなどの不調を感じやすくなってしまうことがあります。

 

いわゆる老化のサインではありますが、20代から30代にも見られることは少なくはありません。

 

例えば、花粉症や、コンタクトレンズによるドライアイで目を擦る習慣がある人にも症状として表れやすいと言われています。

 

物が見えにくくなることも、問題ですが、やはり女性としては、老けた印象になることも大きな問題ですよね。

 

上まぶた たるみ 手術

 

現代の医学では、上まぶたのたるみ(眼瞼下垂)は手術しか選択肢がないとも言われています。

 

あまったまぶたの皮を、手術で切ってしまう方法です。

 

クリニックによっては保険適用にもなる症状です。


 

よっぽど重症なら手術もやむなしですが、他の方法があるなら、その方がいいに決まっていますよね。

 

年齢肌のサインが出だしたころに、予防の観点からケアしておくことも大切です。

 

その際、手術をする前に、試みてみたいのがリッドキララ。

 

上まぶた専用の美容ジェルです。

 

伸びてしまったまぶたの皮が消えてなくなるわけではありませんが、すっきりした目元の印象になったという口コミが多く寄せられています。

 

どよんとした「まぶた」がシュッとしまり、上まぶたの下垂がわからなくなったというケースもあります。

 

効果を期待できる化粧品を使用した場合でも、上まぶたへの効果が表れるには時間がかかってしまいます。

 

上まぶた たるみ 手術

 

そのため、時間をかけたくない人には、手術の方が結果は早いかもしれません。

 

でも、高齢の方は、特に1〜2時間の手術や、術後48時間程度のまぶたの腫れなど、一時的なストレスがかかってしまいます。

 

3〜4日の入院を推奨するクリニックもあります。


 

すぐに上まぶたのたるみの手術に踏み切るのではなく、リッドキララを試してみる価値はあるかもしれませんね。