まぶた 下がる 原因

40代から急増?まぶたが下がる原因は?

 

  • 目が腫れているわけではないのに、まぶたが開けにくい
  • まぶたが痩せた
  • 若い時より目が窪んだ
  • 目力がなくなってきた

 

40代以上になると、これらのことが気になってくる人が多いと言われています。

 

年齢を重ねるほどに、まぶたが重たく下がるという症状がよく見られます。

まぶた 下がる 原因

若い頃はぱっちりな瞳がチャームポイントだったのに、目が腫れぼったく見えたり、目が細くなった印象にみえることがあります。

 

もしくは、若い頃はキレイな二重だったのに、年齢を重ねると下がるまぶたによって、まぶたにシワが入って三重になることも?

 

さらに二重が伸びて垂れ下がり、一重の様に見えて眠たげな印象や、目つきの悪い表情に見えることも少なくありません。

 

これらの症状は、眼瞼挙筋腱膜(がんけんきょきんけんまく)の機能の衰えであることが原因として考えられます。

 

眼瞼挙筋腱膜
瞬きなどのまぶたの開閉や、眉を上下に動かした際に、まぶたを押し上げる運動をします。

 

一般的に40代以上から増加し、50代には、ほとんどの人に程度の差はありますが、症状が見られます。

 

上まぶたが下がる症状(たるみ)は、ほとんどの場合、老化が原因と考えられますが、それだけではありません。

 

  • コンタクトレンズの使用歴の長い人
  • 若くても目をこする癖がある人

 

これらに該当する人にも見られる症状です。

 

また、年齢に伴い、皮膚のハリを失ってたるんでくると、上まぶたが眼窩内に陥没して、表情が暗く、疲れたような顔に見えることがあります。

 

目元が痩せて窪んでしまうと、どこか病的な印象になり、美しさからかけ離れてしまい、一気に見た目年齢がアップしてしまいます。

 

さらに、眼球を支える眼窩脂肪が重力により下がることで、下垂した眼窩脂肪が前方にせり出し、目の下に大きな目袋ができてしまいます。

 

小さな目袋は、瞳を美しく印象できるポイントになりますが、目の下に幅の広い垂れ下がるような目袋は、暗い印象にしかなりません。

 

大きな目袋は、その下に影を落とし、正面から見ると、黒いクマができたかのように見えてしまいます。

 

まぶた 下がる 原因

 

このように顔のたるみの中でも、まぶたのたるみは、人に印象付けやすい目の周りの症状だけに、見た目年齢を実年齢より下げてしまう恐れがあるのです。


 

下がるまぶたを力任せに引き上げると、さらにたるみの原因に?

 

まぶた 下がる 原因

 

下がるまぶたを引き上げたくて、力任せに皮膚を引っ張ったりしていませんか?

 

目元美容ジェルや目元美容液などを塗る際に、力を込めすぎていませんか?


 

ついつい下がる目尻やまぶたを鏡で見ていると、引っ張り上げたくなってしまいますよね。

 

でも、その行為は、引き上げるどころか、悪い効果を生んでしまいます。

 

弾力を失ったコラーゲン線維は、手で無理に引き上げることで、伸びたり切れたりしてしまいますよ。

 

なので、良かれと思ってしたことが余計にたるんでしまう事態を招きかねません。

 

顔のマッサージやツボ押し、表情筋のエクササクズを正しい方法で行えば、リンパの巡りや血行を促し、下がるまぶたに引き締め効果を与えることができます。

 

でも、プロのエステティシャンならともかく、素人が行うのは少し難しいですよね。

 

プロは、皮膚の膠原繊維や弾力線維の方向を乱すようなマッサージは行いません。

 

ましてや、力いっぱいマッサージをすることなどありえません。

 

皮膚をこすって摩擦すると、たるみだけでなく、シミやシワの原因を作ってしまうこともあります。

 

自分でケアする際には正しいまぶたケアの商品で、適量をしようして、優しく丁寧なケアが一番効果的です。

 

自分でケアする際の、話題になっている「上まぶた専用の美容ジェル」があります。

 

良かったら、参考にしてみてくださいね!

 

参考:上まぶた専用美容ジェルならコレ!「リッドキララ」

 

口コミやマッサージ方法なども記載しているので、参考にしてみてくださいね。

 

リッドキララでなくても、使用している目元専用美容液を使用する前に、蒸しタオルで皮膚を温めておくと、血行が良くなり、効果を高めることができます。

 

見た目年齢を引き上げて、美しい目元をキープしていきましょう!